これからの高齢社会を一緒に考えてみませんか。

プラスの時間を持とう

プラスの時間とマイナスの時間

時間は公平に私たちにあります。
一日は24時間、一時間は60分。

その時間を有効に使うかどうかで、人生が決まります。
生産的に、効果的に使うと、いろいろな人に会えます。いろいろな活動ができます。体を鍛えることもできます。

逆に、何もしなければ、何も起こりません。

時間というのは、不思議なものです。
楽しい時間を過ごしていると、短く感じます。
あっという間に過ぎていきます。

でも、退屈な時間を過ごしていると、長く感じます。

感じ方ひとつで、長くなったり、短くなったり・・・。
何故なのでしょうか・・・。

時間には、プラスの時間とマイナスの時間があるように思います。
プラスの時間とは、前向きな時間です。マイナスの時間とは、後ろ向きな時間です。

自分の好きなことをしているとき、人のために活動をしているとき、心が感謝の気持ちで満たされているときは、プラスの時間が流れているように思います。

でも、自分が嫌いなことをしているとき、悪いことをしているとき、心が不安や怒りに満ちているときは、マイナスの時間が流れています。

人生は、プラスの時間とマイナスの時間が交互にやってきます。

でも、マイナスの時間を少しでも少なくすることは、自分の努力でできます。

マイナスの時間を少しでも減らし、プラスの時間を増やすことが、より良い人生につながります。

そのためには、いつもポジティブな言葉を心に入れることです
私は、幸せです。裕福です。健康です。

そして、いつも感謝の気持ちを持って、「ありがとう」という言葉を発することです。

これを習慣にすることにより、プラスの時間が増えていくと思います。

あとは、それを実行できるかどうかです。


人生塾

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional