これからの高齢社会を一緒に考えてみませんか。

介護保険制度創設の背景

介護保険制度創設の背景

我が国は、急速に少子高齢化が進行しており、高齢者の介護問題を解決するために、平成9年12月に介護保険法が国会で成立しました。

この法律ができた背景には、人口の高齢化に伴う要介護高齢者の増加や介護の長期化に伴う家族介護の限界、高齢者介護をめぐる現行制度の問題や社会保障制度の再編の必要性などがあげられます。

(1)人口高齢化に伴う要介護高齢者の増大

我が国の人口は、昭和45年以降急速に高齢化が進行しました。具体的に全人口に占める高齢者の割合をみると、次のとおりです。

昭和25年(1950年)の高齢化率        4.9%
昭和45年(1970年)の高齢化率        7.1%
平成 6年(1994年)の高齢化率       14.1%
平成20年(2008年)の高齢化率       22.1%
平成27年(2015年)の高齢化率(推計)  26.0%

 高齢化のスピードについて、高齢化率が7%を超えてからその倍の14%に達するまでの所要年数(倍化年数)によって比較すると、フランスが115年、スウェーデンが85年、比較的短いドイツが40年、イギリスが47年であるのに対し、我が国は、1970(昭和45)年に7%を超えると、その24年後の1994(平成6)年には14%に達しています。

このように、我が国は、世界に例を見ないスピードで高齢化が進行しているのです。

今後、我が国の総人口が減少するなかで、高齢化率は上昇を続け、平成67(2055)年には高齢化率は40.5%に達し、2.5人に1人が65歳以上となることが推計されています。

(2)高齢者介護をめぐる現行制度の問題

介護保険制度が生まれた背景には、もう一つ、現行の制度が使いにくいという問題もありました。具体的には、老人福祉制度と老人医療制度が次に掲げる問題点を包含していたのです。
 
さらに、医療保険制度の財源が逼迫し、社会保障制度全体を見直さなければならない状況に置かれていたことも、介護保険制度を早急にスタートさせるインセンティブにつながったと考えられます。

介護保険の理念

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional