これからの高齢社会を一緒に考えてみませんか。

徒然なるままに

音楽は、心を癒してくれる友達です。

そして、自分の気持ちを素直に表現できる詩の創作は、とても大切な時間です。

30年の時を経て、若かりし頃の詩をお見せするのは恥ずかしいものです。

でも、東日本大震災の甚大な被害状況を見て、自分にできることは何か、人のために何か役に立てないものか、そんな気持ちになりました。

ジュピターという楽曲を聴いて、音楽は、人を励ますことができる。心を癒すことができる。心の栄養になることを再認識しました。

そして、人と人とのつながりが新しい未来を拓いていくことも・・・。

新しい旅

自分を信じることからはじめよう 

愛する人へ

夢を失わない限り、希望を失わない限り
人は、未来を拓くことができる

助け合って、支えあって、心を通じ合って
人と人とのつながりが復興の礎になる

人それぞれの感じ方があると思いますが・・・
私の稚拙な詩が少しでも助けになれば・・・

平和賛歌

明日という日に負けないように

見えない心の扉をたたいて

心象風景

契り

人生は一度きりのドラマ

東京マラソン

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional