これからの高齢社会を一緒に考えてみませんか。

最もよく奉仕するもの 最も多く報いられる

国際ロータリーの最初の標語である「最もよく奉仕する者、最も多く報いられる」は、アーサー・フレデリック・シェルドンによって1910年ロータリー初のシカゴ大会で掲げられました。

彼は、ポール・P・ハリスを助けてロータリーの基礎を確立した3賢の1人です。

他の2賢人は チェスリー・R・ペニーとベンジャミン・F・コリンズです。

「最もよく奉仕する者、最も多く報いられる」
“He Profits Most Who Serves Best” 

のちに、次のように修正されます。

“They Profit Most Who Serves Best”

人生塾

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional