これからの高齢社会を一緒に考えてみませんか。

水力発電

水力発電

水力発電は、水が落下するときのエネルギーで発電を行う方式のことです。

落差さえあれば発電が可能であり、高いところにあるダムやため池などから水道用水や農業用水などを供給するときに、途中に水車発電機を設置することによって発電しています。

しかし、現在、日本は、大型のダム開発適地はほとんど残っていないため、今後の水力発電の開発手段として期待されているのが、マイクロ水力発電です。

このマイクロ水力発電は、発電能力100kW以下の小規模な水力発電でdす。

中小河川、用水路、さらにはトイレの洗浄水等、様々な水流を利用して発電を行います。

昔、水車が回っていた川がありましたね。

そんな小さな川や農業用水を取水していた用水路などを使って発電ができるといいですね。


エコハウス

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional