これからの高齢社会を一緒に考えてみませんか。

管理人プロフィール

管理人プロフィール

 瀬戸 恒彦(神奈川県生まれ)

これまでの主な活動

1979年に神奈川県庁に入庁し、1993年に自治大学校を修了するとともに、福祉部福祉政策課で高齢社会対策に関する各種調査、介護保険制度の立ち上げに従事しました。

2001年に思い切って神奈川県庁を退職し、(社)かながわ福祉サービス振興会事務局長に就任することになります。

当時は、職員3名の小さな組織でした。

神奈川県介護支援専門員協会の設立にかかわり、全国で初めてNPO法人格を取得するために奔走しました。

神奈川県介護支援専門員協会の初代理事長は、齋藤学さんで、事務局長として一緒に事業を切り盛りしてきました。

2002年に社団法人かながわ福祉サービス振興会専務理事に就任し、2004年から2005年まで全国介護支援専門員連絡協議会(日本介護支援専門員協会の前身)事務局長も歴任することになります。

この時期が、一番大変でしたが、充実した時間を過ごしました。

2014年6月に理事長に就任し、現在、シルバーサービス振興連絡協議会会長、一般社団法人かながわ福祉居住推進機構理事長、一般社団法人日本ユニットケア推進センター理事などを務めています。

また、神奈川大学で介護保険制度をテーマとした公共政策に関する講義も行っています。

2011年に山北に転居し、野菜作りや古民家の再生などの活動をはじめたところです。


執筆活動

執筆活動としては、共著として、

①『「介護保険と福祉ビジネス』中央法規出版2000

②『改訂・居宅介護支援給付管理業務マニュアル』中央法規出版2003

③『評価が変える介護サービス』法研2003

④『介護経営白書』日本医療企画2006

⑤『居宅介護支援・介護予防支援給付管理業務マニュアル』中央法規2007

⑥『新・社会福祉士養成講座第11巻第7章』中央法規2010

などがあります。
これからも、精力的に執筆活動を行っていきたいと思います。

趣味

趣味は、山登りと写真、ジョギングです。
2010年、東京マラソンに出場し完走しました。
2016年、横浜マラソンに出場し完走しました。

画像の説明2010年東京マラソン



FrontPage

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional