これからの高齢社会を一緒に考えてみませんか。

耕うんと土づくり

耕うんと土づくり

畑は、きちんと耕さないと、良い野菜は作れませんね。

そのために、耕うんをします。

その目的は、空気や雨水を土中に浸入させ保水を良くするためと、雑草などを土中に入れ、土壌有機物として地力を維持増進させるこおになると考えます。

土中の保水性が高くなり、すきまがおおきくなると、発芽や根の生育に必要な温度を保つことができると考えられています。

また、通気の確保によって微生物の活性を促進する働きもあります。

耕うんは、手作業でやるとなると、なかなか大変です。

そこで、小さな耕うん機を購入しました。
画像の説明ミニ耕運機

この耕うん機は、小さくて持ち運びもできるので便利です。小さな畑を耕うんする場合は、この程度の耕うん機で十分です。

これまで、2時間かかっていた作業が20分程度に短縮され、体も楽になり、効率もあがりました。

また、耕うん機を使った作業は農作業を楽しくしてくれます。

農業もまた楽し

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional